FC2ブログ

建てては崩す日々

思ったことや心にもないことをボンヤリ綴る日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

繰り返される悪夢

 大分前からネットでガキの頃持っていたオモチャの画像を検索するのが密かな楽しみだったりします。
 そんなことして何が楽しいんだ?と思うかもしれませんが、ところがどっこい、これがまたなかなかに楽しいです。
 何せガキの頃のオモチャですから、非常に記憶が曖昧。
 例えばガキの頃持ってた戦隊ヒーローの合体ロボットのオモチャを探すにしても、当時見ていた戦隊モノは数作あるわけで、その上ソフビやDX、2号ロボ、似たようなロボット(トランスフォーマーなど)が候補に含まれるので思い出の品を見つけるのは一筋縄じゃいかない。その困難さを乗り越えてかすかな記憶からお目当てのものを見つけた時の感激といったら、なかなかのもんですよ。
 お金もかからず、それでいてちょっとした宝探し気分が味わえ、おまけに忘れかけた少年の気持ちを思い出せる。なんとも素晴らしい趣味……だと思っていたんですが、ひとつだけ欠点があるんですよね。
 その欠点とは、ガキの頃の物欲がよみがえることです。
 ガキの頃に欲しくても買えなかったオモチャ。すごく気に入ってたのに無くしてしまったオモチャ。皆さんにも何個か心辺りあると思いますが、そういうのオモチャを見つけた時、ついつい欲しくなっちゃうんですよ。今なら金銭的には買えるわけですからね。
 ところが、そうはうまくいかないのが世の中です。ガキの頃のオモチャなんて基本的にはすでに生産されていない訳で、売りに出されている品物を見つけるのは不可能に近いんです。よしんばネットオークションなどで品物を見つけても、プレミアついてて数万円に値がつり上がってることすらあります。
 いくら欲しくたってちゃちなオモチャに数万円はさすがにきついので、泣く泣く諦めることになります。結果、ガキの頃の苦痛を大人になってもう一度も味うはめになるわけです。がっでむ!
 以前このブログでZZガンダムのオモチャの話をしましたよね? 僕が初めて買ってもらったガンダムのオモチャです。で、その思い出のZZ、ちなみに商品名はデラックス機動戦士ZZガンダムというんですが、ついこの間、それの画像を発見したのですよ。いや~、感激でしたよ~。現在ZZガンダムのフィギュアは2つ持ってて、そのどちらよりデザインといい可動領域といい数段劣ってるんですが、そのフォルムは確かに記憶の中のそれでしたからね。
 そんなこんなで不細工なZZの画像を見ながらしばらく思い出に浸っていたのですが、その画像があったサイトの別のページを見たら、幸せ気分がぶっ飛びました。
 それはあるガンダムオモチャの画像が原因でした。
 デラックス機動戦士ZZが発売されていた頃、世間セイント星矢が流行ってました。なかでもクロスを装着させるオモチャはバカ売れ。我が家にも星矢、紫竜、銀河、蟹、獅子、双子座があったのを覚えてます。今でも実家の押し入れを探せば銀河と紫竜は残ってるはず。
 で、その人気にあやかろうとした商品がガンダムにあったんですよ。リアルタイプガンダムクロスシリーズというオモチャがね。
 リアルタイプガンダムクロスシリーズとは、上記のデラックスシリーズのガンダムに鎧を着けることで、武者や騎士になるというものです。つまり、ZZガンダムが武者駄舞留精太になったりするんです。まぁ、当時の武者ガンダムや騎士ガンダムは子供向けというイメージがあったんであんまり売れなかったんですけどね。
 がしかし、僕の世代は武者ガンダム直撃世代です。BB戦士はいくつも持ってましたよ。なもんで、親にリアルタイプガンダムクロスシリーズのZZガンダムをねだったわけです。しかし、リアルタイプガンダムクロスの素体となるデラックスは既に持っていたので、買ってもらえなかったわけです。
 その苦い思い出があるリアルタイプガンダムクロスシリーズの駄舞留精太の画像を見てしまったら、欲しくなっちゃったわけですよ。
 で、通販やらネットオークションやらのサイトを調べ尽くしたんですけどね、騎士や精太は見つかるのに駄舞留精太がぜんぜん見つからない。おまけに数少ない騎士や精太も基本1万以上の値段しやがるし。絶望した。
 ガンダム関係のオモチャって再販率が異常に高いんで、二十年近く前の商品でも場合によっては簡単に手に入ることもあるんですよ。でも前述のようにリアルタイプガンダムクロスシリーズって狙いを外してたし、高額だしで売れなくて再販されなかったらしくて、手に入れにくさが洒落になってないわけです。そもそもZZ自体があんまり人気ないしね。たまんねぇなぁ。



 と、いうわけです。来週は僕の誕生日があるんで誰かプリアルタイプガンダムクロス武者駄舞留精太をプレゼントしてくだされ。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<もう中編小説並み | HOME | でも、やっぱあのラストシーンは笑えてしまいます。>>

この記事のコメント

何たって、主人公が矢尾一樹さんですからw
2007-07-23 Mon 10:09 | URL | 祝 #q7uURgAw[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。