FC2ブログ

建てては崩す日々

思ったことや心にもないことをボンヤリ綴る日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

残念な出来事

 うーぬ。
 先日体調崩しておかしな時間に寝たせいで驚異的な早寝早起きをしてしまいました。
 いかんなぁ。酒でも飲みつつ魔女の宅急便を観ながら「またジブリ作品かよ金曜ロードショーめが!」とくだをまいて和むという計画が台無しです。
 それどころか寝てる間に友人から誘いの連絡まで入ってるし。いやはや、申し訳ない。



 なんか、このままダメ生活だけ書いて終わるのもなんなので、ダメつながりで銃を使う仮面ライダーについて考察してみましゅうか。

 銃を使う仮面ライダー。
 まず考察前に軽く各作品の銃ライダーを振り返ってみましょう。
 RX=ロボライダー
 ただでさえ殆んど無敵だったRXが更に強くなった形態。圧倒的な防御力で敵の攻撃を無視しながらノシノシ歩いて至近距離から射撃する。やたら登場回数が少なかった。

 クウガ=ペガサスフォーム  クウガの射撃形態。知覚能力が上昇しすぎて、一分位しかフォームを維持出来ない。時間を過ぎると強制的に変身解除となり、その後数時間は通常の変身も不可。制約のせいか、ちゃんとスナイパーしてた。

 アギト=G3シリーズ
 警察官が装着する記念すべきパワードスーツ型ライダー。強化された後半はともかく、前半はしばしばバッテリー切れで動けなくなっていた。よくアギトの支援をしてた。

 龍騎=ゾルダ
 弁護士ライダー。漁夫の利を狙おうと既に戦っているライダー達に射撃で茶々入れては乱戦になり、気付けは近距離戦闘をするはめに。最強クラスの射撃系必殺技を持ってたのに敵の近くで撃つもんだから見切られていた。

 555=全ライダー
 射撃武器を持ってるのにあまり使わない。

 剣=ギャレン
 変身する橘さんは格闘が大好き。毎回弾幕張りながらダッシュで敵に近づいては嬉々として格闘をする。あと、よく敵に騙されて味方をピンチに陥れてた。多分一番お茶目で残念なライダー。

 響鬼=威吹鬼
 響鬼のライダーは各ライダーの得意武器に応じて誰がどのタイプの敵と戦うか担当が決まっていたので、序盤は射撃能力を活かせていた。しかし敵が異常増殖した中盤以降、接近戦用の必殺技を編み出すなどの対応をすることになった。

 カブト=ドレイク
 中の人が挑発に弱く、すぐ接近してしまう。終盤は風と共に何処かへ消えた。

 電王=ガンフォーム
 くるくるダンスみたいな動きをしながら射撃する。専用電車がやたら格好いい。


 とまぁ、銃ライダーはこんな感じになるわけですが、戦闘面においては別に弱いわけじゃないんです。
 むしろ、遠距離攻撃主体なので押してる時は敵を全く近づけさせない圧勝ぶりです。
 んじゃ、なんで銃ライダーはダメなのか、というと、それはギャップのせい。
 惨敗時を格闘戦主体のライダーと比べると、格闘ライダーが避けられるとはいえ一応手持ちの武器を振ってるのに対し、銃ライダーは満足に狙いもつけられず弾丸を一発も撃たずにボコられるのもざら。なもんで本当に手も足も出てないように見えてしまう。この圧勝時と惨敗時のギャップのせいで残念なイメージが増幅されるわけです。
 そして重要なのがもうひとつ。それは、作中での扱いの酷さです。
 代表的なのがギャレンの中身、橘さん。
 橘さんは主人公ブレイド=剣崎の先輩ライダーであり、レンゲルの師匠です。ポジション的にはいわゆる頼れる大人なわけですね。
 がしかし、残念なことに橘さんにはあまり頼りがいがない。
 変身システムに欠陥があるのではと見当違いのイチャモンをつけて所属組織を見捨てる形で離脱。その後敵に騙されていいように使われたあげく、変身恐怖症におちいり変身不能に。一時はライダーやめて恋人と二人で幸せになろうとするものの、自分を騙した敵に恋人を殺され頓挫。恋人の仇をうとうと戦いを挑むものの、変身恐怖症を克服できず敗退。殺される寸前になって、自分の命惜しさにようやく変身。そんなことがあったのにその後も何度か敵に騙され度々暴走。敵はしょっちゅう取り逃がすのに、なぜか弟子相手にはほぼ完勝。
 なんかもう、生き方そのものが残念な人です。確か劇場版でも敵に騙されて、そのことを舞台挨拶でネタにされたりしてましたよ。
 で、こういう残念な扱いの銃ライダーが橘さん以降の続いちゃったんですよ。
 威吹鬼は失恋のショックで敵を討ち損じ、ドレイクは気付くと作中からフェードアウト、といった具合に。
 銃主体という戦闘スタイルゆえの問題と、作中での残念な扱い。これが銃ライダーはダメという見解の原因です。
 今のところ電王ガンフォームは幼稚な性格の持ち主ではありますが、上記三人に比べれば遥かにましです。ただし、裏切る可能性があるので、その伏線の処理いかんによってはめでたく残念ライダーズの仲間入りする可能性もあったり。
 願わくはガンフォーム(リュウタロス)にはヘタレないでジンクスを撃ち破ってほしいもんですね。
スポンサーサイト
漫画・アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<嵐と霧と東 | HOME | 銃は鬼門>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。