FC2ブログ

建てては崩す日々

思ったことや心にもないことをボンヤリ綴る日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

げんなり

 いやはや、やってくれましたなぁ、アークシステムワークス。


 前々回にギルティギア アクセントコアにバグがあるという話しをしました。
 一部のキャラの技がアーケード版と違う上、イノの限界フォルテッシモをはじめとした覚醒必殺技と特定のフォースブレイク技が同時に出るとフリーズしてセーブデータが消える場合がある。というのがその内容です。システム面や説明書の誤植を含めると洒落にならない量のミスがありました。
 さて、バグだらけのアクセントコアに関してネットでは週明けに何か対応があるという噂でしたが、公式サイトに微妙な謝罪文が載ってました。
 暇があれば皆さんアークの公式サイトみてみましょう。びっくりするぐらい簡素な謝罪文。ワープロソフトに元から登録されている定型文をまんま使ったような感じです。というか、バグの存在を認めてないようにすら受け取れる文面。
 一部の技がアーケードと違うだけなら仕様と言われりゃしょうがないと割りきれるんですが、フリーズとセーブデータの消失はゲームとして楽しめない領域、明らかなバグでしょうに。
 やっぱり、資本力のない会社って信用出来かねます。今までのギルティギアシリーズはサミーやセガの後ろだてがあったので安心でしたが、それがなくなっただけでこのざまですからね。
 どういう経緯で今回アークシステムワークスが単独で家庭用製作することになったのかは知りませんが、セガが一枚噛んでいればこうはならないはずです。去年セガがDSで出したぷよぷよには、セーブ回数が数百回を越えるとセーブ出来なくなるというバグがあったんですが、すぐに全品回収、交換しましたからね。
 まともに遊べないゲームなんて不良品以外の何でもありません。それをあの程度の謝罪文で水に流そうというなら、それはリコール隠しと一緒でしょう。
 今世間では社保庁関連のニュースで持ちきりですが、社会の常識が通じないという点においてはゲーム業界と同じように感じます。
 こういう部分を業界の末端のみならず中堅層まで残しているから、いつまでも世間で微妙な扱のままなんですよ。
 なんかもぉげんなりです。
スポンサーサイト

ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<格闘ゲーム | HOME | ゆるく>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。