FC2ブログ

建てては崩す日々

思ったことや心にもないことをボンヤリ綴る日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

手数料分の感謝

 というわけで、無事帰って来まいりました。

 前回言った通り、帰る前に回転寿司に連れてってもらったんですが、平日昼間の回転寿司なんてろくでもないですね。ものっそいガラガラでほぼ母子で貸し切り状態だったのは、まぁ良いんですが、ガラガラなのは客だけじゃなく、ベルトコンベアー上のネタもでした。おまけにかろうじて回転しているネタはしっとりとほのかに乾燥していて、口の中に張り付いてくる始末。仕方がないので、食べたいネタを注文して握ってもらえました。
 う~む、回転する意義はいったいどこに?
 その後、空港までの海上タクシーが出ている船着き場までお袋に送ってもらいました。
 朝に会社や学校に出かける親父や弟もそうでしたが、別に湿っぽい別れの会話などなく、しょーもない雑談(スパイダーマン3の感想など)をして船を待っていたのですが、ある時、お袋が思い出したかのように一通の茶封筒を僕に差し出してきました。
 小遣いでもくれるのかな? そう思った僕が封筒の中を覗くと、なんと結構な額のお金が。具体的にいうと節約すれば一ヶ月半くらい生活できそうな大金が中に!
 いくらなんでもこんな大金をもらう訳にいかず、僕は封筒をお袋に返そうとしたのですが、お袋は、いいから持ってけ、の一点張り。先ほどの雑談で油断していた僕の目頭は熱いものでいっぱいになりました。
 がしかしッ! 次の瞬間、お袋が感動的展開をぶち壊しにする一言を!
「それあんたのお年玉貯金だから」
 …………なんてこったい。
 まぁ、よくある話しですが、我が家もお年玉の数割を親に預けてきたわけです。そのお金をお袋は定期預金していたらしいのですが、一年ほど前に満期にも関わらず僕に渡すのを忘れていて、なぜかこのタイミングで渡してきた、というわけです。
 ……なんだかなぁ~。
 ちゃんと貯金してくれていたことはすごくありがたいんですよ。計画性皆無のガキの頃にお年玉全額渡されてりゃ、マンガやゲームの購入に使い果ただろうことは目に見えてますしね。
 でも、だったら先にお年玉貯金だと教えほしかった。
 いきなり大金渡されてたインパクトの影響で素直に感謝できないじゃないさ!
 まったく、なんでこうトボケタ行動するかなぁ。
スポンサーサイト

持論 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<読むと見る | HOME | 精霊流しと思春期的思想>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。