FC2ブログ

建てては崩す日々

思ったことや心にもないことをボンヤリ綴る日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アニメ≒ヴィジュアル系化論

 前々回の内容を読み返してみたら、アニメをバカにしてるような書き方になってますね。
 というわけで弁解をば。



 アニメって手法としての制約が非常に少ないジャンルだと思うんですよ。
 例えば、実写で雨を降らせるとなるとほんの数分だけでも非常に大変で、運良く雨が降ってればいいですが、そうじゃなければ何トンもの水を放水車をつかってまかないといけなくなる。それにはとんでもない手間と金がかかるわけです。
 しかし、アニメなら無論手間も金もかかりはしますが、実写に比べればはるかに割安でそれが出来る。この点はキルビルのクエンティ・タランティーノ監督も誉めてました。
 近年やたらとマンガの映画化が多くなってますが、これってCG技術の発達によってようやく実写の自由度がアニメ並みになったおかげです。しかし、それでもかかる資金はまだまだアニメとは比べものにならず、スパイダーマン3なんかはCG制作に数億円もかかったそうです。つまり、未だ実写には制約が多いわけです。
 実写の技術的制約をアニメなら無視出来るわけですが、そうはうまくいかないのが現実。
 それは何かというと、つまるところ前々回の内容です。アニメには金が集まらない。金が集まらないから社会的存在感もなかなか上がらない。それが結果としてアニメの自由度を下げているのではないでしょうか。
 その気になれば何でも出来るのに、金がないから制約がかかる。金と社会的存在感があれば自由度が高まるというのはスタジオジブリを見れば言うまでもないですね。
 ガンダムの富野監督とか、エヴァの庵野監督がよくアニメはダメだと言ってましたが、彼らが言いたかったのは結局僕が言いたいことと同じではないでしょうか。
 両監督はどちらもアニメにある種の文学性を取り入れるタイプの監督ですが、それをやるには現在のアニメ業界って社会的存在感が薄すぎる気がするんですよね。小説や映画、ドラマの社会的存在感を持ってしても文学って敬遠されるんですから、アニメだと制作するにあたって並大抵ではない苦労があったのではないでしょうか。技術的には出来るのにやらせてもらえない。そのストレスって計り知れないと思います。
 しかも、こういう現実をアニメを支えるファンが真剣に考えているかというと、答えはNOなんですよね。なんというか自分達の好きなものに対する社会的存在感の向上に無関心すぎるんですよ。
 ロックは今でこそ音楽のジャンルとして社会に認められていますが、そこに至るまでファンの様々な努力がありました。しかし、アニメファンの努力ってロックファンのそれに比べれば大したことないでしょ。社会にアピールすることは基本的に無く、各種イベントはあくまで自分達が楽しむためでしかない。ロックのように、社会へ親しみやすさをアピールしようなんて微塵も考えていません。
 そもそもアニメファンの交流事態が稀ですよね。一応ネットでは頻繁に交流していますが、結局ネットなんてのは自分の興味がある情報しか知ることが出来ませんから、その社会的存在感は常にアンダーグラウンドなものでしかあり得ないわけです。
 そういう見えないファンって声は聞こえないのに商品だけはやたら売れるんで、基本的にスポンサーからなめられるんですよ。一方的にスポンサーが売れると考える要素を突き付けてくるようになるんです。近頃の萌えと微妙なスタイリッシュさ重視の作品が蔓延る原因ってそういうことです。
 九十年代にヴィジュアル系ロックバンドが流行りましたが、今では当時の隆盛を見る影もない程に廃れてしまいました。これって結局はアニメと同じ原理が働いたせいだと思うんですよ。
 ヴィジュアル系のファンってロックファンの中でもかなり異質で、自分達だけ楽しめればいいという風潮がありました。ファン同士の交流は非常に細分化され、ライブは一つの大きなコミュニティがみんなで盛り上がっていたのではなく数人規模のコミュニティが大量に集まってその場のノリで騒いでいるだけでした。
 ロックとは違いますが、ジャニーズ系って物凄くファンコミュニティがしっかりしていて、事務所がファンの間にある派閥をしっかり把握出来ている。だから、事務所はファンに見棄てられない様にタレントに色んなことをさせる。その結果が現在のジャニーズ事務所の地位に繋がるわけです。
 しかし、見えないファンだと話しが違います。ファンの派閥が曖昧にしかわからないのでスポンサー、つまり提供側の権力者が決め付けで動く。そうなると現場に自由度がなくなってしまう。そうなると、ファンは離れやすくなります。アニメはまだライバルがいないので助かってますが、音楽のようにライバルの多い業界だと待ち受ける結果は悲惨です。



 アニメは素晴らしい可能性を秘めているのに、ファンの閉鎖性がそれを阻害している。
 これは非常にもったいないのではないでしょうか。
スポンサーサイト
漫画・アニメ | コメント:3 | トラックバック:1 |
<<我が青春の電脳戦機 | HOME | B級バックボーン>>

この記事のコメント

よし。そう言う事なら、プラネテスを見よう!!
「愛だけは、どうしてもやめる事ができなかった」
あっ!? これはアニメじゃなくて、漫画版の台詞だった。
2007-05-18 Fri 19:52 | URL | 祝 #q7uURgAw[ 編集]
あれはNHKだから別じゃないかい?
2007-05-18 Fri 20:01 | URL | ビルディングヒル #-[ 編集]
ディリータみたいに流れに逆らってみたくなりますね!
2007-05-19 Sat 01:47 | URL | 足フェチ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

すごく、気になった記事があったので、 その記事を参考にさせていただいて、色々書こうかなって思う。 建てては崩す日々 - アニメ≒ヴィジュアル系化論 http://buildinghill.blog103.fc2.com/blog-entry-15.html この記事自体は主にアニメファンについて書かれているが、 …
2007-05-20 Sun 07:32 死に忘れましたわ
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。