FC2ブログ

建てては崩す日々

思ったことや心にもないことをボンヤリ綴る日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

人のセガ

 なにやら早く起きてしまいました。
 昨日は腹たって早めに寝たんで当然といえば当然ですね。


 さて、こんな朝はセガ語りをするものと相場が決まっています。そんなわけでセガ語り。

 最近のセガはセガらしくなくて実に寂しい。
 セガユーザーがよく語るセガらしさとは、バカで斬新でマニアック、時代を先取りしすぎ、独自性と創造性に満ちている等の特徴をいうのですが、最近のセガゲーはどうも昔に比べてセガらしくない。
 例えばシャイニングシリーズ。
 セガユーザー向けではなくオタク向けのキャラデザで、有名声優を多数起用し、新しさの欠片もないやりこみ要素で最早ただの売れるゲームでしかありません。パンツァードラグーンRPGを作った時の気概は何処に行ったのでしょうか。
 あるいはバーチャファイター5。
 バランス調整に拘り過ぎて面白味が減るなんて本末転倒でしょうに。
 ついでにソニック。
 新作ポンポン出しすぎだよ。いくら看板作品といっても、ドリームキャストで出たソニックアドベンチャー2よりボリュームないんじゃダメだろ。
 まったく、けしからんこってす。いくらハード競争に敗れたとはいえあんまりだ。

 しかし今でこそセガはこんなんですが、過去はすごかったんですよ。
 どのくらいすごかったのかというと、マクドナルドのハッピーセットってありますよね? 実はあれの元祖ってソニックのおもちゃがだったんですよ。なんでも開始数日で全米のマクドナルドから在庫が消えたそうです。
 他にも、今でこそゲームの1ジャンルを形成しているロボットゲーですが、開拓者は間違いなくセガです。セガのバーチャロンです。
 バーチャロン開発時、ロボットゲーは売れないゲームの代名詞でした。
 TVゲーム黎明期の技術では今の様にロボットを操縦するタイプのアクションは制作できず、RPGや格ゲー、シューティングなどのキャラデザをロボットにするくらいが関の山でした。当然そんな半端なものじゃ売れるわけもなく、気が付けばゲーム業界内においてロボゲーは売れないというのが常識になっていたわけです。
 しかしそのことを知らない若手社員は毎年のようにロボゲーの企画を出してきます。そんな状況にうんざりしたセガ上層部は考えました。
 あえてロボゲーを作らせることで、若手に痛い目を見てもらおう。
 こうして始まったのがバーチャロンの制作でした。
 セガだからこそ思い付いたアホな考えからスタートしたバーチャロンの開発。
 しかし、当時は既に3Dゲームの黎明期。以前のようななんちゃってロボゲーではなく、本物のロボゲーが作れる時代に突入していたのです。
 とはいえ今とは違い表示ポリゴン数にかなりの制限があった時代です。ロボットのデザインはあまりゴテゴテできません。そこでスタッフはガンダムのメカニックデザイナーであり、線の少ないデザインに定評のあるカトキハジメを起用してこれを解決。
 問題はゲームシステムの構築にもありました。まぁ当時三次元を自在に動き回る対戦ゲームなんてありませんでしたからね。ガンダムのゲームを見れば判るかと思いますが、3Dアクションの対戦ゲームで重要なのは、実は格闘戦だったりします。射撃ばかりだと対戦している感覚が薄くなってしまうんですよね。
 バーチャロンは当然格闘戦も可能です。可能どころか現在のロボゲーと比較しても優るとも劣らないくらいです。
 ロボゲーの元祖であるにも関わらずなぜそんな高レベルの格闘戦システムを搭載できたのでしょうか? それはスタッフに1人の変人がいたからだそうです。
 なんでも初期の格闘戦はおまけ程度だったそうですが、なぜがテストプレイでそのへたれた格闘戦のみをやり続けた男がいたらしいのです。彼のおかげでスタッフは格闘戦のノウハウを手にいれ、あの素晴らしい格闘システムが搭載されたのです。
 そんなこんなでいよいよ発売されたバーチャロンですが、これが当時の2Dゲームなんてやってる奴は時代遅れという風潮に合致して大ヒット。
 どのくらいヒットしたかというと、大きめのゲーセンなら対戦台が4~5台並び、あまりの売れ行きにセガがセガサターンでバーチャロンのネット対戦を実現しちゃうほどでした。
 こうして、ロボットゲームは売れないというジンクスをセガが覆したことにより、ゲーム開発陣にとってロボットゲーム開発の敷居はうんと低くなったわけです。やったぜセガ! すごいぜセガ!
 アホな発案とそれを形にしてみせる高い能力。社命「創造は命」は伊達じゃないのですねぇ。
 
 なのに今ではあの体たらく。
 セガの魂はどこにいったのでしょうか……あっ! そういやシーマン2~北京原人育成キット~の発売もうすぐじゃん!
 こりゃあ早くバイトみつけにゃならんなぁ。

 セガのゲームは世界一!
スポンサーサイト
セガ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<それはジャンプの打ち切りのように | HOME | 骨折り損で、くたびれ儲けず>>

この記事のコメント

バーチャロン良いっすよね!
未だにサターンとバーチャロンは手放さずにとってあります。半分はヘンガーの為だったりするんですが…。今一度セガに返り咲いてほしいっすね!
2007-05-16 Wed 21:56 | URL | 足フェチ #-[ 編集]
足フェチ君もバーチャロン好きだったのか!びっくりだ!
サターンのバーチャロンはセガコレで発売が決定してるんだってよ。
2007-05-17 Thu 00:24 | URL | ビルディングヒル #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。