FC2ブログ

建てては崩す日々

思ったことや心にもないことをボンヤリ綴る日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

チョイスミス

 近ごろ読書出来てなかったので、今日はゆっくり読書してみる。
 とりあえず、読みかけだった米澤穂信の『インシテミル』を読了。
 いやはや、米澤作品だけあって、後味が悪い悪い。さすがにボトルネックほどじゃなかったけれど、なんだかぐったりしてしまった。
 
 ミステリ、っていうか探偵モノって、その構造からして犯罪を描かなきゃならないわけで、殆んどの犯罪が人間の悪意に根付くいじょうそういった暗部までも描かないといけなくなる。つまり、ぐったり出来るミステリってのは、それだけ良く出来てるミステリってことだ。
 実際、作中で人が、場合によってはダース単位で死んでるっていうのに、めでたしめでたしで終わる物語ってのは、何だかおかしいだろ。読んでぐったり。これがミステリ。きっとミステリ。
 つーわけで、そもそもリフレッシュにミステリを選んだ僕がバカだったのだ。やはり、癒しをもとめるならラブコメかいなぁ。
 はぁ~……ぐったりしたぁ~。
スポンサーサイト

社会 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<僕らの日々は、ほとんど日常。 | HOME | ヒロインの告白シーンには開いた口が塞がらなかったよ。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

「インシテミル(文藝春秋)米澤穂信」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 「館系の本格ミステリー。高... …
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。