FC2ブログ

建てては崩す日々

思ったことや心にもないことをボンヤリ綴る日記です。

気が付けば今月三冊しか本読んでねぇよ。

 久々の更新。

 今日はバイトのようなものの打ち合わせでした。

 都合上、打ち合わせの内容は明かせませんが、頑張って作業した甲斐があって、相手側には割と好印象だったようでひと安心。

 ただ、ちょいとやり過ぎた部分があったんで、今度はその部分を削ったりしなくてはなりません。まぁ、前回までの学院で身につけた技術を活かしにくい作業とは違い、今度は直接技術を活かせるんで楽ではありますがね。

 次の〆切までは余裕があるので、じっくりと仕上げられそうです。



 さて、打ち合わせからの帰り道、本屋へ寄りました。

 ここ最近は近所のTUTAYAにあるお情け程度の書籍コーナーにしか行けてなかったんで、どんな新刊が出てるのかワクワクです。

 胸をときめかせながら新刊コーナーに足を運ぶと、ある一冊の本が!

 『旅の途中』 スピッツ著

 スピッツちょーーーーっ!!!

 スピッツとは今年でデビュー20周年の日本を代表するロックバンドのあのスピッツです!

 スピッツは中学時代からのマイフェイバリットアーティスト。これは買わねばなるまいて!

 そんなこんなで、『旅の途中』と創元推理文庫の期待の新人・似鳥鶏『理由あって冬に出る』の二冊を購入してきました。

 帰りの電車で『旅の途中』をちょっと読んだんですが、冗談抜きでスピッツのメンバーが執筆してるみたいです。ものっそい簡素な文体が明らかに素人。
 いくら好きなアーティストでもそんな調子じゃ読む気がなくなります。がしかし、編集の仕方がちゃんと考えてあって、ただだらだらと一人一人の自伝が続くんではなく、上京時、バンド結成時、デビュー時などという具合に出来事が時系列順に並んでいて、その時各メンバーがどんな思いを抱いていたのかを数ページずつ書いていく、という内容になっていて非常に読みやすいです。

 より突っ込んだ感想についてはまた後日ということで、んだらば!
  



 

 
スポンサーサイト
小説 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |